読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女が婚活してみるブログ

合コン、コンパサイト、相席屋etcで婚活する様を垂れ流す

コンパサイト体験談〜金持ちとドンペリと三十路〜合コンレポートその2

こんばんは三十路です。
 
コンパde恋ぷらんで合コンした話の続編です。
1を読んでからの方がもっと楽しめるかもしれません。
 
誕生日を祝ってくれとのコンパのご依頼を快諾した三十路ーず。
これも何かのご縁、精一杯お祝いしてあげようゴチだし!
と盛り上がってたところに、コンシェルジュさんから連絡が。
 
引用ここから
 
■お相手さまのお店リクエスト
高級店への変更
 
引用ここまで
 
!?
 
高級店…?
そんなジャンルがあったことすら気付かなかったわ。
とりあえず他メンバーにそっこーLINEからの大騒ぎ。
「え、コンパニ代わり?」
「893?」←なんでやねん
「へパリーゼ飲んでった方がいい?」←もはや関係ない
まぁとりあえず行ってみましょう、それから考えましょう(B型的思考)
 
さて当日、早めにスタバに集結する三十路ーず。
余談ですがこの辺、やたらスタバが多くて「○○駅の近くのスタバ集合ねー!」だけだとどれかよく分かりません。(あとで気付いた)
ええ、各々がそれっぽいスタバに集合して絶賛すれ違いました。
ここが鳥取だったら確実に集合できたのに・・・(鳥取disってないよ)
ちなみに、安定と信頼の遅刻魔なすびはちょうどその辺のゴタゴタが収束したタイミングで颯爽と登場いたしました(最低)

てなわけで、時間が来たのでお店へ移動いたします。
名前を告げると個室にご案内。
ちなみに、予約名はコンシェルジュさんの個人名なので周りに人がいても恥ずかしくないよ!
名前は伏せますが、某コンパサイトはサイト名を名乗らされるという羞恥プレイが楽しめますのでドMの方は是非。
 
さて、案内された個室はでっかいソファーとテーブルが鎮座する広いお部屋です。
これが高級店か。
今回に限らず、大小はあるものの必ず個室だったのでそういうルールなのかも。
雑談がてら無駄な抵抗(化粧直し)なんかをしてたら、ついに男性陣の到着でございます。
 
・・・あ、たぶんカタギだ!(何という第一印象)
思ったより若かった。
男性メンバーはこんな感じ。
 
1.幹事。33歳、2の部下。実質しもべ。腹黒そう(失礼)
失礼ついでにはらぐーとでも呼ぼうか。
 
2なすびと同い年。パパがやってる会社で管理職と、ついでに関連企業の社長も務めるボンボン。
スネ夫みたいな人だったのでスネちゃまと呼ぼう。
 
3.なすびの1個下。上記2名の会社の仕入先の社長。
誕生日なのはこの方。
いかにもお坊ちゃんって感じのおっとりとした性格で、よく言えば超天然ちゃん☆
つまりはアホぼん。
悪い子じゃないと思うけど、自分とこの社長がこれだったら絶対やだ。
 
そんなわけで、ボンボンずvs.三十路ーずのハピバ合コン、ようやく開幕です。
 
次回に続く。