読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女が婚活してみるブログ

合コン、コンパサイト、相席屋etcで婚活する様を垂れ流す

神頼みに走る三十路〜出雲旅行記体験談〜その4 八重垣神社

 

こんばんは三十路です。
 
トランプまさかの当選にビックリ&絶望するも、
彼がああ見えて実はA型と知って好感度が上がってしまいました。
 
さて、B型の三十路女が出雲に神頼みツアーに行ったお話の続きです。
その1から見た方がちょこっと楽しいかも知れません。
 
 
さて、出雲大社→玉作湯神社と巡ってきた三十路ーず出雲の旅、いよいよ最終章。
この八重垣神社、出雲の旅のトリを締めくくるにふさわしいとある占いがございます。
鏡 の 池 占 い
 
もしかしたら本日一番のイベントかも知れない。
それくらい楽しみにしていました。
 
バスが現地に着き、添乗員さんから説明を受けます。
集合時間は1時間後。
それまでに沈まなかったら結果を見ることなく帰るのかwwwと思ってたら…
 
添乗員さん「皆様これを楽しみに来られてる方も多いでしょうし、時間も余裕がありますので皆さんが沈むまで待ちます!」
 
あなたが神か。
 
でも、時間までに沈んだらさっさと帰ってこないと皆にあっ・・・(察し)とか思われちゃう。
 
まぁ、とりあえずお参りしましょう。
ちょうど結婚式してた。
ここは結婚式発祥の地なんだとか。
 
お参りを済ませたら、本日のメインイベント?のアレです♪(´ε` )
社務所で100円を払い、占いの用紙をいただきます。
これは束の一番上からサッと取る決まりです。
それが運命なのです。
 
さて、池に向かい空いたスペースに潜り込み紙を池に浮かべ、マナミちゃんとせーのでそっとコインを載せます。
 
ちなみにこの時のコインは10円玉か100円玉が良いとされているそう。
たぶんそれ以下だと軽くてずーっと沈まないし、500円玉だとコインの重みで有無を言わせず沈んじゃうんだろうな。
 
さらにネットで発見した情報によると、コインは財布を見ず、手を突っ込んで自然に取ったものを使うと尚良いんだとか。
あくまでもネットで拾った情報なので本当にそういった伝説があるのかは謎ですが、おもしろそうなのでやってみたらなすびは10円玉を取りました。
 

f:id:nasubi30th:20161110230911j:plain

なすびの取った紙。
元は白紙なのに、水に浮かべると白い文字が浮かんできます。
なかなかいいこと書いてあるぅ( ´ ▽ ` )
 
とはいえ、ネットで画像検索してみると一様にいいことばかり書かれてたので、悪いことは書かないようにしてるみたい。
せっかくだから(?)たまにあかんやつが浮かべばおもしろいのに。
「悪縁飛び込んでくる」とか「一生独身のためマンション購入お勧め 北東吉」とか「ハズレ」とか。
 
そんなひどいことを言ってるうちに、マナミちゃんの紙がすーっと静かに沈んでいった。
その間なんと1分!
2人でぎゃーぎゃー騒いでたら、なすびの紙も静かに沈んでいきました。
ちなみに記録は3分。気持ちがワクワクしてたからかあっという間だった。
満面の笑みでハイタッチする三十路ーずw
 
周りを見てみると、結構皆様スッと沈んでた。
多少風もあったしそんなもんよねーと思いつつも、なすび達が来る前から浮いてて帰る時もまだぷかぷか浮いてる紙もあって不思議。
神様っているのかも?とちょっと思ってみたり。
 
さて、やりきったのでお出口に向かいがてら散策します。
 

f:id:nasubi30th:20161110230907j:plain

根元は2本なのに途中で1本になってる椿を夫婦椿といいます。
八重垣さんには3本の夫婦椿があります。
 

f:id:nasubi30th:20161110230909j:plain

マナミだよ!撮ったのマナミだよ!!
八重垣さんは子授けのご利益もあり、あちこちにこんな感じのオブジェ(?)があって、お下品さに定評のある三十路ーず大はしゃぎw
 
ちなみに、八重垣神社では子宝飴という飴ちゃんが売っています。
是非買いたかったのに、閉まってた。。。無念。
 
どんな飴かって?
 
とか言ってたら、また集合時間間際に!
小走りでバスに戻ると、ギリギリ間に合ったものの三十路ーずが最後でした。
たぶん、あっ・・・(察し)と思われたんだろうなw
でも、沈まなかった人はいなかったみたいでよかったよかった。
 
鏡の池でエネルギーを使い果たしたらしく、帰りのバスではそれはもう安らかに眠りにつく三十路ーず。
途中でドライブインに寄りご飯休憩。
結局朝からまともにご飯食べてない三十路ーず、ようやくご飯にありつkお土産選んでたらあと10分しかねぇ( ゚д゚)
 
前世は小林尊かも知れないくらいのスピードでラーメンを完食。(さりげなく大食い王が亡き者に)
バスに飛び乗る三十路ーず。
やはり神頼み以前に本人の努力が必要だと思う。
 
そんなこんなのバタバタ珍道中でした。
結果はこの通りさ!(だめ押しの読んでもらう気ゼロ発言)
 
めげない三十路ーずの冒険はまだまだ続く…