三十路女が婚活してみるブログ

タイトルにしちゃったので三十路三十路言ってるけど、実際アラフォー手前だよ。

三十路女の卵巣嚢腫闘病記その15〜五臓六腑にしみわたるごはん〜


こんばんは三十路です。

 

先日、友人から会社で横領事件が起こったけど緘口令が敷かれていると連絡が来ました。 

そんなお口の戸がガバガバの友人を持つ三十路女が卵巣嚢腫のオペをしたお話の続きです。

 

nasubi30th.hatenablog.com

 

入院3日目、オペ翌日。
朝、ようやく食事が解禁だーい(*´-`)

 

メニューは
・重湯(おかゆの上澄みみたいな液体)
・オレンジジュース
・ピーチジュース

 

オール液体。
なぜかジュース2種w
どっちも美味しかったけど。


基本食い意地張ってる上に、インフルの時ですら何かしら食べてたくらいなので、こんなに食べなかったの人生初かも知れない。
1日半ぶりのいただきます。

 

重湯うめえ(*´∀`*)

 

五臓六腑にしみわたる。
生きててよかった、神様ありがとう。
大袈裟だけどその時は本気でそう思った。

食い意地張ってるから余計だろうけど、食事って大事だね。

 

なお重湯が美味しかったのは3口目までだった。
冷静になるとやっぱりおいしくないw

 

そして、オペ後ずっと脚についてたシューシューいうやつ(フットポンプといって、血栓防止のためらしい)と、指にはめるやつ(パルスオキシメーターといって、酸素濃度を測ってるらしい)が外されました٩( 'ω' )و

 

  

フットポンプはしゅーしゅーうるさいし、パルスオキシメーターには指がやられてたので助かった(*´∀`*)

 

f:id:nasubi30th:20200503150951j:plain 

こんななる人はあんまりいないらしい。

 

お昼前に尿の管を取れるかどうか、トイレまで歩いてみることに。
患部は痛むものの、思ってたよりしっかりした足取りで歩けて外してもらえました。
歩いた方が早く治るよーと言われるも、とりあえず眠くて大体寝てたw

 

お昼ごはんはジュースと重湯、具なし味噌汁。
重湯はほぼ手をつけなかったけど、今度は


味噌汁うめえ(*´∀`*)

 

五臓六腑に(略
生きててよかった(略

 

その後先生が来て、歩けよと言われるも眠いんです!とやや逆ギレw
点滴かなんかの副作用らしく、別のに変えてもらってからは眠気がマシになったけど、その代わり発熱と吐き気発症(´Д` )
気持ち悪くて夜ご飯は一切食べられなかった。食い意地張ってるのにこれはよっぽどだ…
(さっきから食い意地アピールがえげつない)

 

点滴に吐き気止めを入れてもらいひたすら寝てやり過ごす。
入院中唯一具合悪かった瞬間。

 

ちなみに、お熱測ってくれた看護師さんが氷まくら持って来ましょうか?って言ってくれたのでお願いしますって言ったけどいまだに来ないw

 

次回、ぷちトラブル発生。

nasubi30th.hatenablog.com